本文へスキップ

株式会社日本アウトソーシングセンターは会計・経理の専門家集団です。

TEL. 03-6451-0082

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-30-11土屋ビルディング4F

コラム(月1回更新予定)Column

第9回 本年も日本アウトソーシングセンターをよろしくお願いいたします。 2014/01/03


皆様、あけましておめでとうございます。

新年をいかがお過ごしでしょうか?
2014年は、4月の消費税8%、投資に関する税制改正、相続税の改正など、税務会計を取り巻く環境にさまざまな変化があります。

特にビジネスに大きな影響を及ぼすのが消費税のアップ。4月を挟んで見積もりと請求が発生する場合など、会計処理が煩雑になるケースも多々考えられます。準備をしっかりしておきたいものですが、プロに任せるのも一つの方法ですね。

昨年11月に移転した新オフィスにて、社員・スタッフ一同、気持ちを引き締めております。本年も、日本アウトソーシングセンターをよろしくお願いいたします。

第8回 東急東横線/東京メトロ日比谷線「中目黒」に移転しました! 2013/12/02


日本アウトソーシングセンターは、業務内容の拡充に伴いJR山手線/東京メトロ日比谷線「恵比寿」から、東急東横線/東京メトロ日比谷線「中目黒」に移転しました!

新住所は、〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-30-11土屋ビルディング4F。中目黒駅を降りて、山手通り沿いに池尻方面へ3分ほどの右手です(地図はこちら)。

新オフィスにて、社員・スタッフ一同、さらに皆様のお役に立てるよう気持ちを新たにしております。引き続き、日本アウトソーシングセンターをよろしくお願いいたします。

第7回 日本でビジネスをされている外国人の皆さん! 2013/11/03


フレンチやイタリアンはじめ、インド料理、中華料理、韓国料理、タイ料理などなど、日本ではたくさんの外国人の方々がビジネスを展開されています。もちろん、これは外食に限りませんね。あらゆるビジネスジャンルで外国人の皆さんが活躍しています。

でも、日本でビジネスをするには、日本の会計処理や決算処理が不可欠です。もちろん、会計担当を雇ったり会計事務所に依頼したり、というのも一つの方法ですが、コミュニケーションに問題がなく、しかも会計スキルがあるというスタッフはなかなか見つからないものです。

そこで、日本アウトソーシングセンターへのアウトソーシングの出番です。会計スキルは当然のこと、語学スキルを併せ持ったスタッフをご用意いたします。いまのところ実績があるのは、英語、韓国語などですが、会計分野での長い経験で得られた幅広い人脈を通じて、最適なスタッフを見つけ出すことが可能です。

日本というそれなりに規制等のある異国でビジネスをスタートさせる、あるいは、さらに一段上の事業展開を考えている、そんなときに日本アウトソーシングセンターをご利用ください。コミュニケーションの心配をせずに会計業務をお任せいただけます。

第6回 領収書などのデータ入力は面倒ですよね? 2013/09/30


月末になると、大量に溜った領収書や請求書の処理が大変ですよね? コツコツできればよいのですが、なかなか忙しくて、、、。

領収書も請求書も、いまだに紙ベースがほとんど。いちいち数字を会計ソフトに打ち込まなくてはなりません。しかも、フォーマットが多種多様。日付や金額が印字されている場所がバラバラだったり、現金なのかクレジットカード払いなのかも、よく見ないと間違えてしまったり。請求書のフォーマットも取引先ごとに異なります。

起業当初や社員が少ない立ち上げ時期ならまだしも、業務量や社員数が増えてくると、このデータ入力作業にかかる時間がバカになりません。右から左の入力作業を正社員にさせるのは、たとえ会計スタッフであっても、コスト効率が良いとは言えません。量の増大とともに入力ミスも増えるのが普通です。一般の会計事務所に依頼すると、顧問料が跳ね上がることも多々あります。

そんなとき、日本アウトソーシングセンターをご利用ください。領収書や請求書といった紙のエビデンスをそっくりお渡しいただくだけ。もちろん、お客様へ訪問しての作業もいたします。高いスキルのスタッフが迅速で間違いのないデータ入力と、適切な費目への仕分けを実施。締めの時期の作業ピークを解消します。さらに、データを別のスタッフが二重にチェック。その結果、最も低コストに正確な会計データが出来上がります。

  

バナースペース

株式会社
日本アウトソーシングセンター

〒153-0042 
東京都目黒区青葉台1-30-11
土屋ビルディング4F

TEL 03-6451-0082
FAX 03-3791-4404